前半のレポートは、こちら

大作が完成したところで、それらを倒すための、「本線」を繋いでいきます。

とても大切な線なのですが・・

近づきたくありません。極度の緊張との戦い。

大作を作るために、どれだけ時間を掛けて、どれだけの人が並べてきたか知っていますので。

慎重に。

そして、何と言っても、「狭い」

とにかく狭いのです。

足がデカイから余計に狭い。

そして、この体勢。

体がデカイから、余計に狭い。

呼吸をすることも忘れてしまいます。

そんな思いをしながら、本線をある程度完成させて、一日が終了。

あとは、次の日ーーーーー

朝7時。眠いです。

極度の緊張と、無理な体勢からか、

精神的にも体力的にも疲労感が抜けません。

時間に余裕もありますが、まだ残っている作業があります。

壁の完成と、壁を倒す「仕掛け」です。

だんだん大きくなるドミノを作ってもらいました!

これに糸をつけて、壁を崩します。

仕掛けを繋ぐ前に、

壁の後ろに、学習塾「SoRa生」の寄せ書きを貼り、壁を完成させます。

このとき、壁は、40×20段=800個。

さらに積み上げます。

25段ぐらいまで順調に積み上げました。

そのときです!!!

崩れちゃいました(笑)※緑のTシャツの大きい人は、たまたま近くにいただけです。

このとき、スタートまで 残り30分。

ここから頑張ります。脱帽です。

30分で、24×25段=600個の壁を作りました。

プレッシャーのかかるラストチャンスの中、本当にスゴイ !!!!

いよいよスタート直前。

残すは、

ストッパー(誤倒を防ぐため、間を空けている箇所)を繋いでいきます。

子供たちがギリギリまで頑張ってくれた、このドミノたちを・・・・

繋ぐ・・・・

何のイタズラか・・・ 倒してしまいました(汗

もう時間がありません。

超絶やってしまいました(大汗

10000個のプレッシャーが・・・(言い訳)

「ゴメンナサイ」と謝罪しつつ、・・・

最後の1つ。

無事に、繋ぐことができました。

(つづく)